コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオバト(緑鳩) アオバトJapanese green pigeon

世界大百科事典 第2版の解説

アオバト【アオバト(緑鳩) Japanese green pigeon】

ハト目ハト科の鳥(イラスト)。全長約33cm。羽色上面はやや暗い緑色で,顔から胸は明るい緑黄色,腹は白っぽい。雄は翼の雨覆羽赤褐色をしている。くちばし青色で,脚は暗赤色。日本,中国南部,台湾,ベトナム北部に分布し,山地広葉樹のよく茂った林にすむ。日本では北海道から九州までで繁殖し,北方のものは冬季には南へ渡る。四国,九州などでは冬に多く見られる。餌はほとんど植物質で,木の実,草の種子などである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアオバト(緑鳩)の言及

【ハト(鳩)】より

…羽毛が密で抜けやすいのは,猛禽(もうきん)類に襲われたときに,羽毛だけ残して,体はつかまらずに逃れるためだといわれている。羽色はさまざまで,熱帯地方のアオバト(イラスト)やキンバトのように色鮮やかなものから,カワラバトのように灰色のくすんだものまである。雄はふつう雌よりやや色がはでだが,北半球では雌雄同色のものも少なくない。…

※「アオバト(緑鳩)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android