コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオモグサ

海藻海草標本図鑑の解説

アオモグサ

からだは糸状で,2叉分枝または3叉分枝し,スポンジ状の不定型なかたまりとなる。比較的波の穏やかな岩上やタイドプールに生育する。顕微鏡などで観察す ると,2〜3叉分枝した円柱状の細胞が立体的に絡み合い,細いテトラポットように見える。分岐した枝の中には近くの枝に接すると,先端に猫の足のような形 をした付着器官(tenaculum)を付けて接着することがある。円柱状の細胞の長さは,細胞の直径の5倍以上になる。有性生殖は観察されていない。塊 の手触りはモサモサと柔らかく,目の粗いスポンジのようであり,つかむとちぎれ(ほぐれ)やすい。生体は鮮緑色〜濃緑色。和名は鮮やかに緑(あお)く,お 灸に使う「もぐさ」に似ることに由来する。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報