アカウキクサ

百科事典マイペディアの解説

アカウキクサ

アカウキクサ科の浮遊性の水生シダ。葉は長さ約1.5mm。本州の南西部から沖縄に分布。池,沼,水田などの水面に生じ,密に繁殖して水面を真赤にする。分枝した茎にヒノキの葉のように小さい葉が密生する。葉は背と腹に分かれ,基部に大小各1個の胞子嚢果をつける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アカウキクサ【Azolla imbricata (Roxb.) Nakai】

水田,池沼,城濠などに生えるアカウキクサ科の小さな浮遊性草本のシダ植物。植物体は赤色を帯びているので,赤浮草と呼ばれ,蚊に似ているところからこの類はmosquito fernといわれる。茎は密に羽状に分枝して,全体が三角形になり,長さは1~1.5cmである。葉は長さ0.5mm,2列に互生し,上下2片に分裂し,中にラン藻類の1種Anabaenaが共生する。根は茎から出て水中に垂れる。胞子囊群は側枝の第1葉につき,囊状の包膜に包まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android