コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカエフ Akaev,Askar Akaevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカエフ
Akaev,Askar Akaevich

[生]1944.11.10. カズィル・バイクラ
キルギスの政治家。 1968年レニングラード精密・工学器械大学卒業,1976年フルンゼ総合工科大学助教授,講座主任。 1981年キルギス共産党入党。 1986年中央委員会部長。 1989年キルギス共和国科学アカデミー総裁。 1990年ソ連共産党中央委員。 1990年 10月キルギス共和国大統領。 1991年キルギスタン共和国として独立後も大統領。 2005年4月大統領辞任。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカエフ
あかえふ
Аскар Акаев Askar Akaev
(1944― )

キルギスの政治家。同国ケミン区カズィル・バイラク村生まれ。キルギス人。カザフスタン大統領ナザルバエフと並ぶ、中央アジアの改革派指導者であった。レニングラード精密・光学機械大卒。物理学者であり、共和国科学アカデミー総裁を経て、1990年10月に共和国最高会議で、旧ソ連初の非共産党員指導者として大統領に選出された。1991年10月に再選されたが、1995年12月の繰上げ大統領選挙で圧勝して、大統領の任期を5年に延ばした。山間に閉ざされた内陸の小国キルギスは、他の中央アジア諸国に豊富な石油、天然ガスなど目だった資源はない。このためアカエフは、旧ソ連諸国でいち早く国際通貨基金(IMF)の支援を仰ぐ一方、欧米諸国や日本の援助、指導による市場経済化の道を歩んだ。日本から田中哲二日本銀行監査役を大統領顧問に招き、通貨改革を断行した。2000年に3選を果たす。政権が長期化するにつれて独裁色を強め、汚職の蔓延(まんえん)や野党弾圧、報道統制などに国内外からの批判を浴びた。2005年2月から3月にかけて行われた議会選挙では与党が勝利したが、選挙結果を不満とした野党側の訴えをきっかけに大規模な反政府運動がおこった。2005年3月24日に首都ビシュケクを反政府勢力に占拠され、アカエフはロシアへ亡命、4月5日大統領を辞職した。[白井久也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アカエフの関連キーワードクルマンベク バキエフローザ オトゥンバエワキルギスタン民主運動チューリップ革命キルギス(国)キルギス政変キルギスバキエフ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android