コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカカゴタケ あかかごたけ

世界大百科事典内のアカカゴタケの言及

【カゴタケ(籠茸)】より

…担子菌類腹菌目アカカゴタケ科のキノコ(イラスト)。大まかにいえばスッポンタケの仲間で,はじめは柔らかい皮で包まれた爬虫類の卵を思わせるが,皮を破って伸び出た子実体は悪臭の強い黒ずんだ粘液質の胞子のかたまりをつけるという共通の特徴がある。…

※「アカカゴタケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アカカゴタケの関連キーワードカニノツメ(蟹の爪)サンコタケ(三鈷茸)イカタケ(烏賊茸)ツマミタケ(抓茸)カゴタケ(籠茸)スッポンタケカニノツメイカタケカゴタケ三鈷茸

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android