コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカガエル(赤蛙) アカガエル

世界大百科事典 第2版の解説

アカガエル【アカガエル(赤蛙)】

アカガエル科Ranidaeのカエルの総称。一般にはこのうち日本産のニホンアカガエル,ヤマアカガエルなど体色の赤いカエルを指すことも多い。アカガエル科は日本産のトノサマガエルニホンアカガエルヌマガエルなど典型的なカエルの形態をしたグループで,全世界に約44属,625種が広く分布するが,オーストラリア,南アメリカには種類が少ない。大半が水辺の草むらや森林にすむ地上性。ジャンプ力に優れ,トノサマガエルに見られるように,ひと跳びで水中に逃れられる草むらなどに潜む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアカガエル(赤蛙)の言及

【食用ガエル(食用蛙)】より

…食用にされるカエルの一般名。ショクヨウガエルの別名をもつアメリカ合衆国原産のウシガエルRana catesbeiana(イラスト)をはじめ,カエルは世界各地で食用に供されている。例えば,ヨーロッパトノサマガエルRana esculentaの英名edible frogは食用ガエルを意味し,南アジア産トラフガエルRana tigrinaはもも肉の味から水鶏(ツイコイ)と呼ばれる。アマゾン川流域ではアベコベガエルPseudis paradoxaの全長25cmに達するオタマジャクシまでが,市場で売られている。…

※「アカガエル(赤蛙)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アカガエル(赤蛙)の関連キーワードアカガエル

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android