コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカショウマ(赤升麻) アカショウマAstilbe thunbergii var. thunbergii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカショウマ(赤升麻)
アカショウマ
Astilbe thunbergii var. thunbergii

ユキノシタ科の多年草。東北地方南部から近畿地方,四国に分布し,やや明るい林床や林縁に生える。茎は高さ 40~80cm,基部はしばしば紅色を帯びる。葉は3回3出複葉で,光沢はない。小葉楕円形ないし狭卵形で先は鋭く尾状に伸び,縁にふぞろいの重鋸歯がある。5~7月,花茎の先に複総状花序をつけ,多数の小さな白花を開く。花序側枝はほとんど分枝しないため,花序全体がまばらに見える。花弁は5枚あり,白色でへら状線形,長さ約 3mmでおしべよりやや長く,裂片の約3倍の長さである。おしべは 10本。子房は上位で2心皮からなる。この種の仲間は形態的に大変多様で,多くの変種が記録されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android