コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカハタ(赤羽太) アカハタEpinephelus fasciatus

世界大百科事典 第2版の解説

アカハタ【アカハタ(赤羽太) Epinephelus fasciatus】

スズキ目ハタ科の海産魚。太平洋,インド洋の熱帯,温帯に広く分布し,日本でも中・南部の沿岸でふつうに見られる。体色は淡紅色または朱赤色で,体側に幅の広い5本の横帯がある。和歌山各地でアカゴロウ,アカダシ,アカッペ,高知でアカバ,鹿児島でアカメバル,長崎でアカウオ,沼津でアカイなど各地の呼名もこの特徴に由来するものが多い。岩礁地帯やサンゴ礁域でふつうに見られる。群れをつくらず,通常単独で生活している。肉食性で魚類や甲殻類を食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android