コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカフトラ Acajutla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカフトラ
Acajutla

エルサルバドル南西部,太平洋岸の港湾都市同国の主要港で,コーヒー,砂糖,バルサムなどの積出しを中心に,同国の外国貿易の約半分を取扱う。 1524年スペイン人が先住民インディオを征服して以来,植民地の港として繁栄したが,旧市は新港建設のため内陸に移転。セメント石油精製,肥料,魚介類加工などの工場がある。海浜保養地としても知られる。鉄道が通じる。人口5万 86 (1987推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アカフトラの関連キーワードサンタ・アナ(エルサルバドル)ソンソナテラウニオン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android