アカボシビョウキン(赤星病菌)(読み)アカボシビョウキン(英語表記)Gymnosporangium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカボシビョウキン(赤星病菌)
アカボシビョウキン
Gymnosporangium

担子菌類サビキン目エツキサビキン科の1属。夏に,ナシ,リンゴなどの葉について赤星病を起こし,ときに大きな被害を与える。黄赤色の丸い病斑を生じ,その部分の表面には小粒状灰褐色の柄胞子器を生じる。また病斑の部分の葉の裏面には,房状のものが叢生し,銹胞子はのちにこの部につくられる。銹胞子は第2宿主であるビャクシンまたはネズにつき,若い茎や葉の組織内に侵入して越冬する。翌年,罹病部が変形した暗褐色の寄生体が現れ,のちにその部から出た菌糸に,円錐形紫褐色の冬胞子堆を生じ,そこに生じた冬胞子は発芽して,4細胞から成る前菌糸となり,小生子柄を生じ,それに小生子がつく。小生子は楕円形ないし勾玉形で,これがナシ,リンゴに運ばれて,再び寄生病斑が生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android