コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカミノイヌツゲ(赤実の犬黄楊)(読み)アカミノイヌツゲ(英語表記)Ilex sugerokii var.brevipedunculata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカミノイヌツゲ(赤実の犬黄楊)
アカミノイヌツゲ
Ilex sugerokii var.brevipedunculata

モチノキ科の常緑低木。中部地方以北の本州,北海道の山地に生育し,高さ 1.5mほどになる。枝は淡褐色革質で,濃緑色の葉を互生する (→葉序 ) 。葉は卵状楕円形で長さ2~4cm,幅1~2cm,葉身の上半部にのみ少数の鋸歯をもつ。7月頃,白色の小さな花弁4~5枚をもった花を開く。雌雄異株雄花葉腋に1~3個つき,4本のおしべをもつ。雌花は葉腋から1~2cmの柄を出して1個つき,秋には果実が径約 7mmの球形に赤く熟す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android