アガカーン廟(読み)アガカーンビョウ

デジタル大辞泉の解説

アガカーン‐びょう〔‐ベウ〕【アガカーン廟】

Aga Khan Mausoleum》エジプト南部の都市アスワンにある霊廟。ナイル川西岸、アスワン市街の対岸の高台に位置する。1957年にイスラム教イスマイール派第48代イマーム、アガ=カーン3世が没し、のちに夫人の依頼により桃色の花崗岩(かこうがん)を用いてファーティマ朝様式で建造。アガハーン廟

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android