アキシブ系(読み)あきしぶけい

知恵蔵miniの解説

アキシブ系

アニメソングやゲームミュージックなど秋葉原系(オタク系)と言われる音楽を、1990年代に東京・渋谷を中心に流行した「渋谷系」ミュージックでとらえ直したJ-POPの一つのジャンル。また広義には、秋葉原系・渋谷系サブカルチャーの融合を指す。2006年5月、SNSサイト「mixi」に「アキシブ系」との名称でコミュニティが開設されたのが語源とされている。07年9月、コンピレーションアルバム「AKSB~これがアキシブ系だ!」が発売された。渋谷系のテイストをもたせたアニメのオープニング・エンディング曲など15曲が収録されている。発売元であるJVCエンタテインメントのアニメ音楽プロデューサー・福田正夫は、「アキシブ系の仕掛け人」と言われている。12年には、声優の花澤香菜や竹達彩奈が渋谷系ミュージシャンの協力により発売した作品がすべてオリコンチャートTOP10入りを果たす。13年3月、Perfumeが「ドラえもん」の主題歌を担当するなど、アキシブ系は定着し社会的広がりを見せている。

(2013-5-28)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android