コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキニレ(秋楡) アキニレUlmus parvifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アキニレ(秋楡)
アキニレ
Ulmus parvifolia

ニレ科の落葉高木で,東アジアの暖温帯に生じ,日本では本州中部以西の暖地にみられる。高さ5~10mほどでよく分枝し,長さ2~5cmの小型の倒卵形をした葉を互生する。ニレ科の特徴として葉の左右は対称形でなく,ゆがんでいる。花は葉腋から束状につき,秋,9月頃に咲く。東日本に生じるハルニレが大型の葉をもち,花が春に咲くのと対照的である。 (→ニレ〈楡〉 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アキニレ(秋楡)の関連キーワードニレ科ニレ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android