コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキレウスの画家 アキレウスのがか Achilles Painter

2件 の用語解説(アキレウスの画家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アキレウスの画家
アキレウスのがか
Achilles Painter

古代ギリシアの陶画家。前470~前425年頃にアテネで活躍。バチカン美術館所蔵のアキレウスを描いた赤像式アンフォラによってこの名が与えられた。師ベルリンの画家から多大の影響を受け,さらにその技法,様式を発展させて新境地を開き,パルテノンの時代に,特に葬礼用白地レキュトスにおいて比類ない仕事をした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アキレウスのがか【アキレウスの画家】

ギリシアの陶画家。生没年不詳。前460‐前430年ころアテナイで活躍。本名は明らかでないが,アキレウスを描いた赤絵式のアンフォラ(前440ころ,バチカン美術館)の作者。彼の絵付けの特徴は壺の両面に人物を1人ずつ配する構図を用い,それぞれの人物に人間の深い内的感情を与えていることである。とくに白地レキュトスの絵付けに卓抜の技を示し,名作《ヘリコン》(ミュンヘン国立古代美術館)を含めて,約20点余りが今日彼の作に帰されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アキレウスの画家の関連キーワードクテシアスザレウコスビオンピサ大聖堂ヘルモゲネスヒッポダモスアンドキデスの画家エウテュミデスタナトスの画家デメトリオス[ファレロンの]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone