コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アギルルフォ あぎるるふぉ

世界大百科事典内のアギルルフォの言及

【ランゴバルド王国】より

…しかしこのような結果が可能となったのは7世紀の初期に決定的な変化が起こったからである。584年に王政を復興したアウタリの息子アギルルフォAgilulfo王(在位590‐616)は残留ローマ人有力者を宮廷に登用し,607年にはカトリックに改宗した。また626年ごろに首都がパビアに定着し,さらにビザンティン帝国の制度をまねた官僚・行政・警察機構も導入されて,ここにランゴバルド国家が本格的に始まることになる。…

※「アギルルフォ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android