コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合樹脂 アクリロニトリル・ブタジエン・スチレンきょうじゅうごうじゅしacrylonitrile-butadiene-styrene resin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合樹脂
アクリロニトリル・ブタジエン・スチレンきょうじゅうごうじゅし
acrylonitrile-butadiene-styrene resin

アクリロニトリル,ブタジエンおよびスチレンの各単量体の頭文字をとって ABS樹脂と略称される。ポリスチレンの耐衝撃性を改良するため開発された樹脂で,一般にアクリロニトリル 20~30%,ブタジエン 20~30%,スチレン 40~60%の組成である。これら各成分の比率を変えると製品の品質も変えることができ,各方面に使用されている。製造は主として乳化重合によって行われ,たとえば,乳化重合で得たポリブタジエンに,アクリロニトリルとスチレンを加えてグラフト共重合させる方法などがとられている。電気器具,自動車その他機械の部品などに使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報