アグス・サリム(英語表記)Agus Salim

世界大百科事典 第2版の解説

アグス・サリム【Agus Salim】

1884‐1954
インドネシアのイスラム改革主義の代表的な政治家,思想家。西スマトラのミナンカバウ出身。バタビア(現,ジャカルタ)のウィレム3世ギムナジウムで西洋式高等教育を受けたが,1906‐11年の在ジェッダ・オランダ領事館通訳時代に,高名なウラマーの叔父アフマド・ハティブを通してイスラム改革主義にふれ,イスラムに回帰した。15年以後,大衆運動組織イスラム同盟に身を投じ,その指導者として,イスラム改革主義を民族独立運動の一翼を担う政治勢力として定着させることに努めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android