アグス・サリム(英語表記)Agus Salim

世界大百科事典 第2版の解説

アグス・サリム【Agus Salim】

1884‐1954
インドネシアのイスラム改革主義の代表的な政治家,思想家。西スマトラのミナンカバウ出身。バタビア(現,ジャカルタ)のウィレム3世ギムナジウムで西洋式高等教育を受けたが,1906‐11年の在ジェッダ・オランダ領事館通訳時代に,高名なウラマーの叔父アフマド・ハティブを通してイスラム改革主義にふれ,イスラムに回帰した。15年以後,大衆運動組織イスラム同盟に身を投じ,その指導者として,イスラム改革主義を民族独立運動の一翼を担う政治勢力として定着させることに努めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android