コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アグス・サリム Agus Salim

1件 の用語解説(アグス・サリムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アグス・サリム【Agus Salim】

1884‐1954
インドネシアイスラム改革主義の代表的な政治家,思想家。西スマトラミナンカバウ出身。バタビア(現,ジャカルタ)のウィレム3世ギムナジウムで西洋式高等教育を受けたが,1906‐11年の在ジェッダオランダ領事館通訳時代に,高名なウラマーの叔父アフマド・ハティブを通してイスラム改革主義にふれ,イスラムに回帰した。15年以後,大衆運動組織イスラム同盟に身を投じ,その指導者として,イスラム改革主義を民族独立運動一翼を担う政治勢力として定着させることに努めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アグス・サリムの関連キーワードインドネシア語インドネシア語派マレー語ダンドゥットマレーポリネシア語族インドネシア国家警察改革支援ガルーダ・インドネシア航空機事故インドネシアの宗教インドネシアの婚姻法押川典昭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone