コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アグマティック agmatic

岩石学辞典の解説

アグマティック

元来は貫入状の角礫岩に関係した語であったが,角礫状のパレオソムがネオソムの脈で網目状に囲まれたミグマタイトの構造をいう[Sederholm : 1923].このようなミグマタイトをアグマタイト(agmatite)と呼ぶ.ダイアダイサイト(diadysite)ともいう.変成したパレオソムの中に花崗岩質岩脈が網目状に入ったもので,一般にアグマタイトに類似する.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android