アグリッパ(読み)あぐりっぱ(英語表記)Agrippas

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アグリッパ(哲学者)
あぐりっぱ
Agrippas

生没年不詳。3世紀中ごろのギリシア懐疑派の哲学者。生涯は知られていない。懐疑のための5か条の方式が有名である。それは、(1)同じ問題についての意見の不一致の事実、(2)証明の前提が証明を要する無限後退、(3)あらゆるものの相対性、(4)原理とされるものの任意仮定性、(5)証明の前提が当の結論から導き出される循環性、である。感覚のみならず証明、理解にまで範囲が拡張されている意味で、アイネシデモスの10か条より抱括的で、より徹底した懐疑論になっている。[山本 巍]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android