コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アグリッピナ(小) アグリッピナ[しょう]Agrippina, Minor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アグリッピナ(小)
アグリッピナ[しょう]
Agrippina, Minor

[生]15. アラ・ウビコルム
[没]59. パウリ
ローマ皇帝ネロの母。皇帝クラウディウス1世の妃。ゲルマニクス・カエサルアグリッピナ (大) の娘。 28年グナエウス・ドミチウス・アヘノバルブスと結婚,ネロを生む。 39年兄のガイウス帝に対する陰謀のかどで追放されたが,41年ローマに帰り,49年叔父にあたるクラウディウス帝と結婚,連れ子のネロを養子にさせ,帝と前妃メッサリナとの娘オクタウィアと結婚させ,ついに 54年クラウディウスを毒殺してネロを帝位につけた。ネロの治世の初期には権力をふるったが,やがてネロと対立し,ネロの刺客によって殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アグリッピナ(小)の関連キーワードコロニア・アグリッピネンシスクラウディウス(1世)アグリッピナ(大)トラセア・パエツスポッパエア・サビナナルキッススブリタニクスカリスツスブルスパラス

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アグリッピナ(小)の関連情報