コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アケボノソウ(曙草) アケボノソウSwertia bimaculata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アケボノソウ(曙草)
アケボノソウ
Swertia bimaculata

リンドウ科の越年草で,中国および日本各地の山間湿地に生える。茎は高さ 50~80cmになり,初め根生葉をもつ。根生葉はやや大型で長楕円形,平行する葉脈を数本もち,花期には枯れる。茎葉は対生し,卵形で長さ5~12cm,光沢がある。花は9~10月頃開き,花茎の先にまばらな集散状円錐花序をつくる。花冠は黄白色で,深く4~5裂し,その裂片には緑色の斑点がある。これを夜明けの空に見立てて和名がつけられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アケボノソウ(曙草)の関連キーワードシノノメソウ(東雲草)リンドウ科

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android