コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アゲハチョウ(揚羽蝶) アゲハチョウ Papilio xuthus

1件 の用語解説(アゲハチョウ(揚羽蝶)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アゲハチョウ【アゲハチョウ(揚羽蝶) Papilio xuthus】

鱗翅目アゲハチョウ科の昆虫(イラスト)。アゲハナミアゲハともいい,昔はアゲハノチョウともいった。東アジア特産で熱帯には分布せず,温暖な気候を好む。日本全国に産し,アゲハ類の中では人家付近にもっともふつうである。山地にも産するが,春~初夏を除いては他のアゲハ類より少ない。年に最低2回,暖地では年6回くらい発生し,幼虫はユズボウとも呼ばれミカン科植物の若葉を好む。4齢までの幼虫は黒色で白紋があり,鳥の糞のように見えるが,5齢になると鮮やかな黄緑色に変わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アゲハチョウ(揚羽蝶)の関連キーワード揚羽蝶烏揚羽孔雀蝶木の葉蝶豹紋蝶擬鳳蝶蛾黒揚羽蝶麝香揚羽蛺蝶紋黄揚羽

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone