コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アゲマキガイ(蟶貝) アゲマキガイSinonovacula constricta

世界大百科事典 第2版の解説

アゲマキガイ【アゲマキガイ(蟶貝) Sinonovacula constricta】

前後に長いナタマメガイ科の二枚貝(イラスト)。鎮台貝ともいった。殻の高さ3cm,長さ10cm,膨らみ2.5cm,白色で薄くてもろい。長いがやや扁平で,前後端は丸みがあり,両殻の間は狭くあいていてまた中央部でわずかにくびれる。殻上に黄色の粗い殻皮をかぶるが,後方では小じわ状になる。軟体は白色で後端の水管は出入水管が分離して細長く,足は淡黄色で大きくくさび状で長くのびる。有明湾が主産地。淡水湖化する前の児島湾も有名な産地であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android