コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アコウダイ(緋魚)(読み)アコウダイ(英語表記)Sebastes matsubarae

世界大百科事典 第2版の解説

アコウダイ【アコウダイ(緋魚) Sebastes matsubarae】

カサゴ目フサカサゴ科の深海魚(イラスト)。アコウまたはメヌケメヌキなどともいわれる。近縁種にオウサガ,サンコウメヌケバラメヌケがおり,一括してメヌケと呼ばれることが多い。太平洋側では茨城県から高知県沖,日本海側では新潟県から山口県沖に分布し,とくに相模湾や駿河湾の深所で多獲される。深海の岩礁地帯にすみ,体色は鮮やかな赤色で,しばしば背中に大きな黒斑をもつのが特徴。全長60cm以上になる。12~4月ごろまでの間は水深200~300mのやや浅いところに移動し産卵するとされているが,他の季節には水深600~700mの深所にすむ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android