コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサリ(浅蜊) アサリJapanese little neck

世界大百科事典 第2版の解説

アサリ【アサリ(浅蜊) Japanese little neck】

潮干狩りでもっともふつうにとれるマルスダレガイ科の二枚貝イラスト)。の長さ4cm,高さ3cm,膨らみ2.8cm。長卵形で,殻表には細い多くの放射肋があり,成長脈と交わって多少布目状になる。殻頂はやや前方に寄り,その後に黒褐色靱帯があって左右両側をつないでいる。殻色は幼貝ほど鮮明であるが,その色は,個体によって変異が著しく,白色から青黒色まで幅があるが,それに4本の放射する濃い色帯のあるものや,さざ波状あるいは折線状などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアサリ(浅蜊)の言及

【採草採貝業】より

…ただし,貝類をとる漁業であっても,潜水器漁業と小型底引網漁業は農林水産統計上は含めない。年間漁獲量は10万tを割っているが,この60%はアサリが占める。アサリは〈腰まき〉あるいは〈大まき〉という漁具で,浅いところでは水に入り,また深いところでは船の上から海底をさらって漁獲する。…

※「アサリ(浅蜊)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アサリ(浅蜊)の関連キーワード潮干狩り

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android