コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサリと干潟

1件 の用語解説(アサリと干潟の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アサリと干潟

砂に泥が混じった河口の干潟などで多く見られる二枚貝。全国の消費量は約8万トンとされるが、06年の国内の水揚げは3万4984トン(農林水産省調べ)。1個の貝が1時間に1リットルの水をこし取るという実験結果があり、干潟の浄化能力が見直されている。干潟は全国で96年現在4万9380ヘクタール。工場用地造成や干拓で過去約50年間で約4割減ったという。

(2009-06-14 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アサリと干潟の関連キーワード鵡川赤雪潮干潟防砂堤混じり混じり気混じり種混じり物河口性粕毛

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone