コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アザレア Rhododendron indicum; azalea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アザレア
Rhododendron indicum; azalea

ツツジ科の常緑低木。オランダツツジとも呼ばれ,ヨーロッパから輸入されたツツジの1種。中国原産,おもにイギリスで改良されたもので,サツキとの交配種も多い。木の大きさのわりに大輪の花をつけ,色も変化に富むので鉢植にして観賞される。元来咲きであるが,冬から春までが最もよく開花する。冬は温室かフレーム内で栽培する必要がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アザレア(azalea)

ツツジ類の園芸品種の総称。葉柄がサツキより長く、花は大形で、白・紅・肉色などさまざま。中国の四川(しせん)・雲南地方の原種からヨーロッパで改良され、150以上の品種がある。アゼリア。せいようつつじ。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アザレア

ツツジ類の総称だが,園芸的にはベルジアン・アザレア(セイヨウツツジ)をさす。東アジア産のタイワンヤマツツジなどを母体としてヨーロッパで他の数種と交雑改良されて作られた園芸品種で,150種余がある。
→関連項目ツツジ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アザレア【azalea】

ツツジの園芸種。中国原産で、西欧で改良されたもの。大形の花をつけ、色も多種。寒さに弱い。オランダツツジ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アザレア
あざれあ
Azalea
[学]Rhododendron

ツツジ科のロードデンドロンRhododendron属に含められている旧属名であるが、園芸上は中国産のシナサツキR. simsii Pl.を中心にして他の数種と交配改良してつくりだしたセイヨウツツジ(一名オランダツツジ)とよぶツツジ類の総称である。ツツジ科の常緑または半常緑低木で高さ1~2メートルになるが、多くは30~60センチメートルの鉢植えにしている。枝はサツキやクルメツツジより太く、粗く枝を分ける。葉は楕円(だえん)形または楕円状披針(ひしん)形、長さ2~5センチメートルで先がとがり、深緑色で葉質がやや厚い。花は野外では4~5月に開くが、温室では2~3月に開花し、花弁は広い漏斗状でサツキより大きい。花は品種により、一重、二重、八重咲きなどがあり、雄しべが細い花弁に変わっているもの、花弁の先が丸く広くなり大輪にみえるもの、花弁の縁に縮みの出るものもある。花色も白から紅、赤紫色まであり、色の濃淡、絞りや覆輪の出るものなど変異に富んでいる。[小林義雄]

来歴・品種

中国原産のシナサツキが1810年にイギリスに入り、さらにロードデンドロン・レディフォリウムR. Ledifolium、サツキなどの各種も導入され、これらが交雑され、ヨーロッパで改良されたものがアザレア(セイヨウツツジ)である。イギリス、ベルギー、フランスなどの園芸家によって1822年から1833年ごろ交雑が多く行われ、多くの品種ができたが、とくにベルギーでは優良品種が多くつくりだされ、今日まで生産の中心地になっている。
 日本には1892年(明治25)に初めて輸入され、1907年(明治40)ごろからはベルギー、オランダから多数の品種を輸入した。日本では1935年(昭和10)ごろから新潟県がおもな生産地である。品種にはアングロシウス、ドレスデン、メタオなど、新年用の早生(わせ)系や、アポロ、スブニール、エクレレールなど3~4月に咲く晩生(おくて)系もあって、2000以上の種類があり、毎年新品種がつくりだされる。[小林義雄]

栽培

耐寒性が劣るので、冬期の温度は最低2℃以上にして、普通、温室か温床で越冬させる。苗の鉢植え用土は鹿沼土(かぬまつち)、または砂とピートモスを半々に混ぜて用いる。夏は午後の日差しを避け、よしずで覆いをする。繁殖は挿木、接木(つぎき)、実生(みしょう)などが行われ、挿木は川砂または鹿沼土を用い、露地では6~7月に挿す。害虫はグンバイムシとアカダニの被害が多く、病害は花腐(はなぐされ)病が発生するので、「マンネブダイセン」の800倍液を散布して予防する。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアザレアの言及

【サツキ(皐月)】より

…《錦繡枕》ではツツジの部に記されたが,明治以降はサツキ品種として扱われ,雑種による品種も多く,紫色系や大輪化,多弁化に役だった。ベルジアン・アザレア(Belgian azalea)(イラスト)は略されて単にアザレアとも呼ばれるが,R.simsiiをもとに,サツキやリュウキュウツツジなども関与した鉢物用常緑ツツジである。1920年代に宇都宮でサツキの交配親に使い,巨大輪で色彩の鮮やかな品種群(戸室系)を育成した。…

【ツツジ(躑躅)】より

…ヨーロッパには中国やヒマラヤから常緑性のものが入って園芸化され,ロードデンドロンrhododendronの名は常緑性のものに使われた。これに対して,アメリカの落葉性のものを中心に園芸化されたものをアザレアazaleaと呼んでいる。この概念が第2次世界大戦後日本に入ってきて,従来の概念と食い違って混乱を起こしている。…

※「アザレア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アザレアの関連キーワードニューヨーク植物園キンギョソウシナサツキ小林義雄唯美主義ツツジ科新潟県矮化剤浜の粧八重咲西欧王冠鉢花摘心花木

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アザレアの関連情報