コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシグロタケ(脚黒茸) アシグロタケPolyporellus picipes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アシグロタケ(脚黒茸)
アシグロタケ
Polyporellus picipes

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。は一般に円形ないし腎形,薄くて革質で乾くと硬くなる。 10cm前後,厚さ2~4mmほどのものが多いが,ときに径 20cmの大型のものもある。傘の表面は栗色ないし黒褐色光沢があり,下面白色,細かな管孔がある。柄は長さ1~5cm,黒色になる。夏秋の頃,広葉樹枯れ枝に生じ,日本各地に知られる。北アメリカヨーロッパにも分布する。硬いので食用には不適である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android