アシナガアリ(読み)あしながあり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アシナガアリ
あしながあり / 脚長蟻
[学]Aphaenogaster famelica

昆虫綱膜翅(まくし)目アリ科に属する昆虫。日本各地に分布する。体長は働きアリで約7ミリメートル。体は暗褐色で、点刻や皺刻(しゅうこく)が弱く、体毛も少ないため強い光沢がある。体は著しく細長い。脚(あし)も細長くこの名がついた。林や神社境内などの湿っぽい場所に生息し、おもに石下などに営巣する。やや小形の近縁種ヤマアシナガアリも日本各地に分布する。[山内克典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アシナガアリの関連情報