アシュバートン(男)(読み)アシュバートン[だん](英語表記)Ashburton, Alexander Baring, 1st Baron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アシュバートン(男)
アシュバートン[だん]
Ashburton, Alexander Baring, 1st Baron

[生]1774.10.27.
[没]1848.5.12. ビルトシャー
イギリスの政治家,財政家。父 F.ベアリングの経営する銀行に入り,のち政界に転じる。 1806年以降下院議員。 34~35年 R.ピール内閣商務院総裁。 35年アシュバートン男爵に叙せられる。 42年カナダとアメリカメーン州の国境紛争解決のためアメリカに行き,ウェブスター=アシュバートン条約を締結。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android