アシライ[会釈](読み)あしらい

世界大百科事典 第2版の解説

あしらい【アシライ[会釈]】

日本音楽の用語広義,狭さまざまに用いられるが,〈応対配合〉を意味する点では共通している。(1)狂言の用語。囃子所作,狂言と多岐にわたるが,囃子に関するものが最も多い。(a)の奏法の一つ。打楽器リズムとは別個に,笛独自のリズムで奏すること。謡の中で笛が奏されるときは,すべてアシライとなる。囃子だけの演奏では,アシライの場合と打楽器のリズムと合う場合とがある。(b)打楽器の奏法の一つ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアシライ[会釈]の言及

【能】より

…並拍子は伸縮性の大きいリズムの拍子型で,同じく伸縮性の大きい平ノリ謡に合ワセ打チされるが,中ノリ謡にもこの拍子型を用いる。ノリ拍子は等拍性の強いリズムの拍子型で,同じく等拍性の強い大ノリ謡に合ワセ打チされるが,ほかに拍子不合謡のアシライ打チ(アシライ)にも用いる。後者の場合,無拍の謡と,拍の明瞭な打楽器のノリ拍子とが重なって進行するので著しい複リズム効果が生じ,そこに能に独特の音楽空間が見られる。…

※「アシライ[会釈]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android