コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジアのバイオ燃料

1件 の用語解説(アジアのバイオ燃料の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アジアのバイオ燃料

キャッサバやヤシのほか、サトウキビナンヨウアブラギリなど多岐にわたる植物からの生産が可能で、石油資源に乏しい東南アジアにとって新たな輸出産品としての期待も大きい。1月の東アジアサミットでも、バイオ燃料の利用促進に向けて、日本の協力で共同研究組織の設置や専門家の育成が決まった。食糧需要と共存するため、食用に適さない繊維質の主成分セルロースからエタノールを製造する技術の開発も進む。

(2007-02-03 朝日新聞 夕刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アジアのバイオ燃料の関連キーワードキャッサバオリッサカウキャッチャー製糖唐黍カシャッサカッサバタピオカデンプン小林百哺

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone