コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア・太平洋放送連合 あじあたいへいようほうそうれんごう

1件 の用語解説(アジア・太平洋放送連合の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アジア・太平洋放送連合
あじあたいへいようほうそうれんごう
Asia-Pacific Broadcasting Union

略称ABUアジア太平洋地域の独立国の全国的な性格の放送機関が加盟する組織。1964年に設立、2006年現在36か国、50機関が正会員として、また準正会員として13か国・地域、29機関、準会員として23か国・地域、32機関が加盟している。設立の目的は、会員の利益保護、放送に関する問題の研究促進と調整、情報の交換、国の開発と教育の分野における放送利用の促進などで、これに基づいて、番組、ニュース、著作権、技術、研修などの面で会員相互の連絡や調整を行うほか、他機関との交渉の窓口にもなっている。また教育番組の共同制作も行い、「ABU賞番組コンクール」も開催している。事務局はマレーシアにある。[田村穣生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアジア・太平洋放送連合の言及

【放送局】より

…また,テレビ番組やニュースの中継のための国際ネットワークも組織されている。アジア・太平洋放送連合Asia‐Pacific Broadcasting Union略称ABU。1964年7月設立。…

※「アジア・太平洋放送連合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アジア・太平洋放送連合の関連情報