アジア水牛(読み)アジアスイギュウ

大辞林 第三版の解説

アジアすいぎゅう【アジア水牛】

インド原産の水牛。体高約2メートル。角は長大で水平に伸びる。比較的温順で、中国・インド・ミャンマー・タイ・台湾などで飼い慣らされて、労役に使用される。インド水牛。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アジア‐すいぎゅう ‥スイギウ【アジア水牛】

〘名〙 ウシ科の哺乳類。体長約二メートル。角は長大で断面は三角形。水にはいるのを好む。インド、ミャンマー、タイ、中国、八重山諸島で多くは家畜化し、運搬用や耕作用に使役される。家畜化されたものは、ただスイギュウと呼ばれる。インド水牛。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android