コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア集団安全保障構想 アジアしゅうだんあんぜんほしょうこうそうidea of collective security in Asia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジア集団安全保障構想
アジアしゅうだんあんぜんほしょうこうそう
idea of collective security in Asia

1969年6月7日の世界共産党会議でソ連の L.I.ブレジネフ共産党書記長が示したアジアにおける集団安全保障体制樹立の構想をさす。このとき具体的な内容は明らかにされなかったが,各国は,ソ連のねらいは中国の勢力拡大阻止にあるとの見方をした。その後 72年3月,同書記長はアジア集団安保の5原則として,武力行使の放棄,主権の尊重と国境の不可侵内政不干渉,平等・互恵に基づく経済,その他協力関係の発展を列挙し,73年8月には A.N.コスイギン首相が,これに民族自決,領土併合の禁止,国際紛争の平和的解決,天然資源に対する主権尊重,社会・経済的変革の権利を加えた。この構想は,これまでのところ実現にいたっていないが,ソ連のゴルバチョフ共産党書記長が 86年7月のウラジオストク演説で,太平洋に面するすべての国が参加する全欧州安全保障協力会議 CSCE型の太平洋会議を提案したように,アジア・太平洋地域の構築に向けてさまざまな安保構想が提起されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アジア集団安全保障構想の関連キーワード秋田明大ゴダール(Jean-Luc Godard)アームストロングアームストロング(Neil Alden Armstrong)陳舜臣東松照明ベルイマン(Ingmar Bergman)森一生[各個指定]芸能部門磯田光一

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android