コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア・アフリカ作家会議 アジアアフリカさっかかいぎAfro‐Asian Writers’ Association

1件 の用語解説(アジア・アフリカ作家会議の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アジアアフリカさっかかいぎ【アジア・アフリカ作家会議 Afro‐Asian Writers’ Association】

1956年,ネルー首相らを発起人としてニューデリー開かれたアジア作家会議が母体となって,58年に発足。同年10月,ソ連邦ウズベク共和国(現,ウズベキスタン共和国)のタシケントで第1回大会が開かれ,37ヵ国約200名が参加。以後,カイロ(1962),ベイルート(1967),ニューデリー(1970),アルマ・アタ(現,アルマトゥイ。1973),ルアンダ(1979)と大会を重ねた。事務局はコロンボ,カイロを経てベイルートにある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アジア・アフリカ作家会議の関連キーワードトヨエースSKB児童文学賞北方領土問題日ロ平和条約交渉迷路オリンピックカーダールケッコネンシニャフスキーメルボルン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone