コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア・アフリカ作家会議 アジアアフリカさっかかいぎAfro‐Asian Writers’ Association

世界大百科事典 第2版の解説

アジアアフリカさっかかいぎ【アジア・アフリカ作家会議 Afro‐Asian Writers’ Association】

1956年,ネルー首相らを発起人としてニューデリーで開かれたアジア作家会議が母体となって,58年に発足。同年10月,ソ連邦ウズベク共和国(現,ウズベキスタン共和国)のタシケントで第1回大会が開かれ,37ヵ国約200名が参加。以後,カイロ(1962),ベイルート(1967),ニューデリー(1970),アルマ・アタ(現,アルマトゥイ。1973),ルアンダ(1979)と大会を重ねた。事務局はコロンボ,カイロを経てベイルートにある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アジア・アフリカ作家会議の関連キーワードタウフィーク・アル・ハキームタウフィーク・アルハキームアジア・アフリカ作家会議アレックス ラ・グーマラ・グーマ堀田 善衛小中陽太郎松岡 洋子竹内 泰宏ロータス賞針生一郎堀田善衛金 芝河立松和平青年の環栗原幸夫竹内泰宏野間宏白石凡広島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android