アジア・ハイウェー(英語表記)Asian Highway

世界大百科事典 第2版の解説

アジア・ハイウェー【Asian Highway】

計画延長42路線9万kmのアジアの国際道路網。うち5路線4万kmが国際幹線,37路線5万kmが地域幹線で通過国は25ヵ国である。1959年以来アジア極東経済委員会(ECAFE。のちのESCAP(エスキヤツプ))が中心となり,国連開発計画(UNDP)の資金援助を得てその推進を図った。イラン等の中東3ヵ国,インド等の南アジア4ヵ国,インドネシア等の東南アジア8ヵ国と,新たに参加した中国,モンゴルミャンマーの計18ヵ国を結ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android