コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア・ハイウェー Asian Highway

世界大百科事典 第2版の解説

アジア・ハイウェー【Asian Highway】

計画延長42路線9万kmのアジアの国際道路網。うち5路線4万kmが国際幹線,37路線5万kmが地域幹線で通過国は25ヵ国である。1959年以来アジア極東経済委員会(ECAFE。のちのESCAP(エスキヤツプ))が中心となり,国連開発計画(UNDP)の資金援助を得てその推進を図った。イラン等の中東3ヵ国,インド等の南アジア4ヵ国,インドネシア等の東南アジア8ヵ国と,新たに参加した中国,モンゴル,ミャンマーの計18ヵ国を結ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アジア・ハイウェーの関連キーワードハイバル[峠]カイバー峠

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android