アジス・アベバ(英語表記)Addis Ababa

翻訳|Addis Ababa

世界大百科事典 第2版の解説

アジス・アベバ【Addis Ababa】

エチオピアの首都。推定人口は1965年に約50万であったのに対し,84年には140万,94年には232万とされている。エチオピア高原のほぼ中央にあり,標高2400mに及ぶため,赤道に近くても,温暖ないし冷涼な気候年間を通してみられる。〈世界で最も気候のよい所〉とか,エチオピアが13ヵ月からなっていたために,〈13ヵ月の日光〉というような形容句を冠して呼ばれる都市である。郊外エントト山からはユーカリに浮かんだ近代的建築群が望まれるが,もともとエチオピアの首都は,燃料にする針葉樹森林を求めて移動する一時的な存在であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android