コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジス・アベバ Addis Ababa

翻訳|Addis Ababa

1件 の用語解説(アジス・アベバの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アジス・アベバ【Addis Ababa】

エチオピアの首都。推定人口は1965年に約50万であったのに対し,84年には140万,94年には232万とされている。エチオピア高原のほぼ中央にあり,標高2400mに及ぶため,赤道に近くても,温暖ないし冷涼な気候が年間を通してみられる。〈世界で最も気候のよい所〉とか,エチオピアの暦が13ヵ月からなっていたために,〈13ヵ月の日光〉というような形容句を冠して呼ばれる都市である。郊外のエントト山からはユーカリの緑に浮かんだ近代的建築群が望まれるが,もともとエチオピアの首都は,燃料にする針葉樹の森林を求めて移動する一時的な存在であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アジス・アベバの関連キーワードアジスアベバエチオピアエチオピア高原エチオピア戦争エリトリアティグレラリベラエチオピア亜区エチオピア・エリトリア紛争エリトリアの独立

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アジス・アベバの関連情報