コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジュダービヤー Ajdābiyah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジュダービヤー
Ajdābiyah

リビア北東部,キレナイカ地方北部の都市。スルト湾に近く,湾岸線を走る幹線道路上に位置する。南方 195kmにあるアウジラ=インティサールA油田への道路の起点でもある。内陸部の油田地帯から,スルト湾岸の船積み港ズワイティーナへの石油パイプラインが通過している。ローマやビザンチンの植民都市であり,中世には隊商の中継地であった。 1919年から 23年にイタリアに占領されるまで,ムハンマド・イドリースの統治下にあった。人口約4万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android