アジュル(英語表記)Ajul

世界大百科事典 第2版の解説

アジュル【Ajul】

1227‐80
中国元代の武将。ウリャンハタイの子。従来アジュと読んだのは適当でない。父に従ってフビライ・ハーンの雲南遠征に加わり,ついでケシク(禁衛)に入った。1262年(中統3)より河南方面の前線司令官となり,73年(至元10)襄陽を攻略した。翌年バヤン(伯顔)を総大将に南宋征服が始まると,麾下(きか)のモンゴル人軍団を率いて各地を転戦し,南宋平定の軍事上の立役者となった。【杉山 正明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android