コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジュル Ajul

世界大百科事典 第2版の解説

アジュル【Ajul】

1227‐80
中国元代の武将。ウリャンハタイの子。従来アジュと読んだのは適当でない。父に従ってフビライ・ハーンの雲南遠征に加わり,ついでケシク(禁衛)に入った。1262年(中統3)より河南方面の前線司令官となり,73年(至元10)襄陽を攻略した。翌年バヤン(伯顔)を総大将に南宋征服が始まると,麾下(きか)のモンゴル人軍団を率いて各地を転戦し,南宋平定の軍事上の立役者となった。【杉山 正明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アジュルの関連キーワードカラートアジュルンカラートアルラバドアジュルン城アジュルン阿里海牙

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android