コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスベスト(石綿)と関連する基準

1件 の用語解説(アスベスト(石綿)と関連する基準の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アスベスト(石綿)と関連する基準

繊維状の鉱物で、安価で火や熱に強く劣化しない。1960~80年代を中心に断熱材などに広く使用された。吸い込むと中皮腫などを発症するおそれがある。潜伏期間は数十年という。70年代から規制が始まり、2006年に改正された労働安全衛生法の施行令でアスベストが0・1%を超えて含まれるすべてのものの製造・使用が禁止された。大気汚染防止法では、世界保健機関に準じ、扱う工場の敷地境界で1リットル当たり10本を許容限度と決めている。

(2012-11-14 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アスベスト(石綿)と関連する基準の関連キーワード鉱物繊維絹糸光沢静かなる時限爆弾繊維状ダイズタンパク質繊維状変晶質組織ファイブロブラスティック組織眼球片岩ステレート球顆状組織ケリファイト状組織

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone