コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスベスト(石綿)

1件 の用語解説(アスベスト(石綿)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アスベスト(石綿)

繊維状の鉱物で建物の耐火材や断熱材に使われた。空気中に飛散したものを吸い込むと肺がんなどの原因となる。潜伏期間は15~40年といわれる。国は2006年に製造・使用を原則禁止したが、既存の建築物は増改築時などを除いて規制対象外。阪神大震災の際も倒壊建物からアスベストが飛散し、厚生労働省によると少なくとも3人の復旧作業員が中皮腫を発症した。

(2016-05-25 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アスベスト(石綿)の関連キーワード気泡コンクリートグラファイト断熱煉瓦セラミック繊維省エネルギー住宅耐火被覆ステレート阪神大震災とアスベスト石綿と健康被害アルミサイディング

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アスベスト(石綿)の関連情報