コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスペリティ プレート(岩板)

1件 の用語解説(アスペリティ プレート(岩板)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アスペリティ プレート(岩板)

同士が普段は強くくっついており、地震のときに大きく動く部分。繰り返し地震を起こす部分で、一定期間エネルギーを蓄え、地震のときに大きく放出する。アスペリティの場所の特定は、次に地震が起きる場所の推定や大きく揺れる地域の予測に役立つ。

(2006-10-27 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アスペリティ プレート(岩板)の関連キーワード余震地震断層地割れ地震の間引っ付く有感地震ごっつ・いこびり付くグーテンベルク‐リヒターの式ひっつき

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone