アズマニシキガイ(吾妻錦貝)(読み)アズマニシキガイ(英語表記)Chlamy farreri nipponensis

世界大百科事典 第2版の解説

アズマニシキガイ【アズマニシキガイ(吾妻錦貝) Chlamy farreri nipponensis】

扇形で赤,紫,白などの色の,またはそれらのがある美しいイタヤガイ科の二枚貝(イラスト)。殻の長さ7.5cm,高さ8.3cm,膨らみ2.5cmくらいになる。殻は扇形に広がって丸い縁となるが,殻頂の両側に小さい翼状の突起があり,左右両側に岩などに付着する足糸を出す隙間がある。左殻は右殻よりよく膨らみ,色も濃い。赤,紫,,黄,白など個体によって変わり,またそれらがまだら模様になって美しいのでアズマニシキの名がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアズマニシキガイ(吾妻錦貝)の言及

【ナデシコガイ(撫子貝)】より

…殻は美しいので愛玩される。アズマニシキガイC.farreri nipponensisは本種に似て大きく,殻の長さ7.5cm,高さ8.3cm,幅2.5cmに達し,表面には細い放射肋があるが,その中の約10本はやや太くて,肋上に鱗片突起がある。北海道南部から九州,朝鮮半島,中国沿岸に分布し,潮間帯より水深20mの岩礁に付着する。…

※「アズマニシキガイ(吾妻錦貝)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android