アズマネジモク

海藻海草標本図鑑の解説

アズマネジモク

からだは螺旋状にぐるぐるねじれた二稜形から三稜形(角が2〜3あるの意味)の主軸(枝)から細い楕円形またはヘラ状の鋸歯のない葉を多く出す。気胞は冠 葉をつけ,ラグビーボールの様な形をしており,からだの中部から上部にみられる。付着器はよく発達し,直径数cmの丈夫な基部を作り,小さい盤状,または こぶ状を呈する。この基部の塊から数本,時に十数本の発出する。茎は分枝しながら伸長し,干潮時は岩上を覆う。水中では青白く光ってみえる。雌雄異 株。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android