アゼナ(畦菜)(読み)アゼナ(英語表記)Lindernia procumbens (Krock.) Borbás

世界大百科事典 第2版の解説

アゼナ【アゼナ(畦菜) Lindernia procumbens (Krock.) Borbás】

田畑や道端の湿った土地に生えるゴマノハグサ科の一年生の小さな雑草や葉は柔らかでやや肉質。全体無毛。茎は直立するか根ぎわで分枝して上し,高さ5~20cm。葉は対生し,楕円形で柄がなく,先は円く鋸歯はない。長さ15~25mm,幅6~10mm,3~5本の掌状脈がある。夏から秋にかけて茎の上部にある葉のわきごとに1花をつける。花は唇形,紅紫色で長さ5mm。おしべは4本,下側の2本の花糸の基部に棍棒状の突起があり,これに虫が触れるとが動き花粉を散らす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android