コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アゼナ(畦菜) アゼナLindernia procumbens (Krock.) Borbás

1件 の用語解説(アゼナ(畦菜)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アゼナ【アゼナ(畦菜) Lindernia procumbens (Krock.) Borbás】

田畑や道端の湿った土地に生えるゴマノハグサ科の一年生の小さな雑草。茎や葉は柔らかでやや肉質。全体無毛。茎は直立するか根ぎわで分枝して斜上し,高さ5~20cm。葉は対生し,楕円形で柄がなく,先は円く鋸歯はない。長さ15~25mm,幅6~10mm,3~5本の掌状脈がある。夏から秋にかけて茎の上部にある葉のわきごとに1花をつける。花は唇形,紅紫色で長さ5mm。おしべは4本,下側の2本の花糸の基部に棍棒状の突起があり,これに虫が触れると葯が動き花粉を散らす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone