コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アゼナ(畦菜) アゼナ Lindernia procumbens (Krock.) Borbás

1件 の用語解説(アゼナ(畦菜)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アゼナ【アゼナ(畦菜) Lindernia procumbens (Krock.) Borbás】

田畑や道端の湿った土地に生えるゴマノハグサ科の一年生の小さな雑草。茎や葉は柔らかでやや肉質。全体無毛。茎は直立するか根ぎわで分枝して斜上し,高さ5~20cm。葉は対生し,楕円形で柄がなく,先は円く鋸歯はない。長さ15~25mm,幅6~10mm,3~5本の掌状脈がある。夏から秋にかけて茎の上部にある葉のわきごとに1花をつける。花は唇形,紅紫色で長さ5mm。おしべは4本,下側の2本の花糸の基部に棍棒状の突起があり,これに虫が触れると葯が動き花粉を散らす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アゼナ(畦菜)の関連キーワード畦菜石見川瓜草海蘭胡麻の葉草常磐黄櫨犬の陰嚢大犬の陰嚢川萵苣錦草

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone