コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アゼルバイジャン問題 アゼルバイジャンもんだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アゼルバイジャン問題
アゼルバイジャンもんだい

カスピ海西部のアゼルバイジャン地域における民族紛争問題。アゼルバイジャン人 (アゼリー人) は現在アゼルバイジャン共和国とイランの東・西アゼルバイジャン州とに分かれているが,その大多数は,シーア派イスラム教徒であり,人種的にはトルコと,宗教的にはイランと密接な関係をもっている。イラン領アゼルバイジャン人は独立意識が強く,1945年にはアゼルバイジャン自治共和国を樹立したが,46年イラン軍の武力制圧により自治化の動きは抑えられた。一方,アゼルバイジャン共和国の住民も歴史的に反ロシア・反アルメニア感情が強く,ナゴルノカラバフ問題におけるアルメニア人との民族紛争は,宗教対立をその背景にもち,イスラム原理主義と呼応して近隣各国やイラン,トルコを巻込んだ国際紛争にまで発展する可能性がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アゼルバイジャン問題の関連キーワードエスノポリティックスナゴルノカラバフ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アゼルバイジャン問題の関連情報