アタラ(読み)あたら(英語表記)Atala

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アタラ
あたら
Atala

フランスの作家シャトーブリアンの中編小説。1801年刊。『ルネ』(1803)とともに『キリスト教精髄』(1802)の一部をなすが、独立して発表される。アメリカ先住民ナッチェスの盲目となった長老シャクタスが養子ルネに若き日の恋を物語る。敵の部族に捕らえられたシャクタスは、首長(しゅちょう)の娘として育てられていた混血児アタラと相愛の仲となり、彼女とともに荒野に逃れるが、アタラはキリスト教徒で純潔の誓いをたてていたため、シャクタスへの愛とこの誓いとの間で悩み、毒を仰いで死ぬ。副題の「荒野の二人の未開人の恋」の情念とその悲劇を軸に、異国情緒豊かな北米の大自然と先住民の生活、オーブリー神父の布教の聖書的情景とキリスト教の偉大さ、主人公たちのメランコリー、愛と宗教の葛藤(かっとう)などが描かれたこの作品は、当時の古典的文学状況下で批評家たちの間に賛否両論の大論争を巻き起こしたが、その文体の叙情的かつ絵画的な美しさで、後のロマン派への道を開く先駆的な作品として評価され、フランス文学史上の一大記念碑となった。[田部井玲子]
『『アタラ・ルネ』(辻昶訳・旺文社文庫/畠中敏郎訳・岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android