アター・ベグ(英語表記)Atābeg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アター・ベグ
Atābeg

イラン,セルジューク朝王族の子弟の養育を委託された諸侯に対する称号。トルコ語の ata (父) と beg (遊牧諸侯の称号) の合成語であるが,その起源は不明確。大セルジューク朝の統一の崩壊とともに彼らは諸地方に分立したセルジューク諸朝内においてスルタンを押えて実権を掌握するようになり,12世紀なかば頃より,その多くが独立した政権を樹立するにいたった。アゼルバイジャンのエルディグズ朝,モスルのザンギー朝ファールスサルグル朝などがそれで,これらはアター・ベグ朝と総称される。なお,アター・ベグの称号はその後ホラズム・シャー朝マムルーク朝においても用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android